最新情報・レポート

【自分でできる!】トイレの水漏れ、かんたん対処法をぜ~んぶ紹介!

【自分でできる!】トイレの水漏れ、かんたん対処法をぜ~んぶ紹介!

 

お風呂やキッチンなど、私たちの生活に密着している水場はいくつもあります。水回りのトラブルは日々の暮らしの中で必ず起こるものですが、中でも一番緊急性が高いのがトイレのトラブル。

 

前触れなく急にトイレから水が漏れだし困っている。あなたは今まさにトイレが水漏れを起こしており、緊急事態の真っ最中なのかもしれません。そんな方のためにもこの記事では的確に、わかりやすくトイレの水漏れの対処法を解説させていただきます。

 

 

 

自分でできる!トイレからの水漏れ対処方法

トイレの水漏れには自分で対処できる箇所も多くあります。対処方法を水が出ている場所ごとに解説させていただきましたので、どこから水が漏れ出しているかを確認し、試してみてください。

 

 

パイプからの水漏れ

水漏れのお問い合わせで多いのがパイプからの水漏れ。排水パイプの中が詰まって逆流を起こしている場合や、老朽化の影響などでしっかり閉められなくなり継ぎ目から水が溢れだしている場合などがあります。

 

排水パイプが詰まっている場合、目に見えるゴミや汚れを歯ブラシなどで取り除いたり、パイプクリーナーなどの薬品で汚れを溶かして洗い流すという方法があります。ただし、完全につまってしまっている場合には効果が出ないことがありますのでご注意ください。

 

水漏れが継ぎ目からの場合、パッキンが老朽化し塞ぎきれなくなってしまっているかナットが緩んでしまっている可能性が考えられます。レンチなどの工具があれば、ナットを締めるだけで解消できる場合もあります。

 

ナットを締めてもトイレの水漏れが収まらない場合、パッキンが劣化している可能性が高いです。その場合はナットを外し、パッキンを交換する必要があります。

 

 

便器と床の接地面からの水漏れ

便器と床の間から水が漏れ出ている場合、原因は床下の排水管です。そのままにしておくと床が腐食し、マンションですと下の階や上の階にも影響を及ぼします。一軒家でも床がもろくなり大変危険ですのですぐに対処しなければなりません。

 

ただ原因は接続部分のパッキンの劣化や設置不良と考えられるため、自力での修理は厳しいでしょう。パッキンの交換も設置不良もトイレを取り外す必要が出てきますので、業者に依頼をした方がよいでしょう。

 

業者に依頼する前に確認するポイントは「本当に床下から水が漏れ出ているのか」です。タンクやトイレ本体にヒビや欠けがあり、そこから水が漏れている場合や、パイプから水が垂れ落ちている場合もあります。

 

本当の原因がパイプだった場合はナットの緩みやパッキンの劣化の可能性があるため修理を試みてもよいでしょう。ただしパイプやトイレの破損やヒビの場合、安易に触った衝撃で割れたりヒビを広げてしまうなど、被害を大きくしてしまうことがあります。

 

この場合も専門的な知識を持った業者に問い合わせ、修理や交換を依頼する必要があります。

 

 

ウォシュレットなどからの水漏れ

ウォシュレットが普及してからかなり年数が経っているため、劣化している可能性が考えられます。この場合、修理を考える前にまず電源プラグを抜き被害を止めましょう。

 

接続部分のパッキン交換で済めば自力でもできますが、本体の修繕が必要な場は業者に依頼することが多い症状です。

 

パッキンの劣化のほか、裏側から水が漏れ続けている症状や温水が止まらなくなってしまったなどのトラブルもあります。温水が止まらない場合、リモコンの電池が切れてしまって操作が効かなかったというケースもありますので、電池を取り換えて再度お試しください。

 

シャワーの裏側から水が漏れ続けているという場合は機械の故障になってしまい、自分での対処ができません。ウォシュレットはただの家電ではなく精密機器です。自分で修理ができるかの判断がつかない場合、まず触ってみるよりも業者に連絡するべきです。

 

 

タンクからの水漏れ(まずはフタがズレていないか確認する)

最初にタンクのフタがズレていないかを確認します。次にどこから水が漏れているかを調べましょう。タンクの給水音が止まらない場合や便器内の水が止まらない場合、タンク内のゴムやチェーンがズレている、戻っていないといったことが考えられます。

 

タンクのフタを開け、絡まったチェーンやズレてしまったゴムを直しましょう。劣化などで機能していない場合は、同じものを買ってきて交換することになります。緊急の場合は業者を呼んで持ってきてもらうのも手です。

 

タンク内ではなく、パイプやタンクなどの接続部分が水漏れを起こしている場合もあり、その場合もパッキンの取り換えが必要となります。

 

パッキンの大きさを知るためにはノギスという精密な測定器を使うのですが、なければ外したパッキンをお店に持っていき、店員に選んでもらうとよいでしょう。

 

トイレの水漏れ修理の注意点とは

トイレの水漏れ修理の注意点とは

 

トイレの水漏れの際に、個人でも対応できるものは多くあります。そのとき失敗してしまわないよう、被害の拡大を防ぐための共通のポイントがあります。

 

 

まずは止水栓を閉めよう

トイレのパイプ、タンク、ウォシュレット、どこから水が出ている際も有効なのが止水栓を止めることです。止水栓はタンクへつながるパイプのあたりについていることが多く、これを閉めることでトイレへ水の供給を止めることができます。

 

排水管から染み出している場合など原因によっては止めることはできないものの、その状態で水を流してしまうなどを防ぎ、被害の拡大を抑えることにつながります。床が水で濡れている場合、止水栓を止めに行く際は滑りやすくなっているので注意が必要です。

 

トイレの水漏れは早めの対処と予防が大事!

トイレのトラブルが起きた際はとにかくスピード勝負。早めの対処が必要です。また、パッキンの劣化などチェックするポイントを知って点検しておけば、予防することも可能です。

 

 

トイレの水漏れはすぐに対処が必要

キッチンやお風呂と違い、トイレを使いたいときは緊急性があるので壊れてしまうと一大事。適切な対処をしないで水が入り込んで壊れてしまった、よくわからないまま触って故障していなかったところまで壊してしまったなど、処置を間違うと大変なことになります。

 

まずは止水栓を閉め、床の水を拭き取って原因を特定し……テキパキと対処をしていけば、床下や階下へ浸水させず、被害を最低限に抑えることができるはずです。タオルを水漏れ箇所に巻く、水漏れしている場所の下にバケツや受けるものを置くというのも床への被害を抑えるコツです。

 

また、微量な水漏れも放置しておくと大きな被害につながりかねません。しかしどこから水漏れしているのか判断がつかないこともあり、そういった際は墨汁などの色のついた水を置くことで流れの元から把握する、乾いたタオルを敷き詰め濡れた場所を確認するなどの方法があります。

 

大事にいたる前に、早めの対処を心がけましょう。

 

 

水漏れが起きる原因を防ぐチェックポイント

突如起こるトイレの水漏れも、チェックポイントを知って点検しておけば、水漏れを起こす前にトラブルを回避することができます。

 

一番多いのはパッキンなどの劣化やズレ。パッキンが劣化し緩んでくる場合は、突然水が溢れるわけではなく徐々に水がにじんできます。トイレ掃除の際は各接続部分が水漏れを起こしていないか確認しましょう。

 

また、タンク内も掃除をしましょう。トイレのタンクの部品に汚れが付着していると動きが悪くなり、水漏れや動作の不調につながります。月に1回でもよいので掃除をし、古くなってきた部品は新しいものに取り換えましょう。

 

ただし、取り付け方のわからないもの、どういった部品かわからないものは掃除の際に分解して取り出さないようにしてください。戻せなくなったり水を止められなくなり、業者を頼る結果になってしまいます。

 

困った場合はプロに相談しよう

困った場合はプロに相談しよう

 

水漏れの原因がわからない。パッキンではなく溶接部分から水漏れしていた。排水管の故障だからどうしようもないなど、トイレのトラブルの中には自分で解決できないものも多くあります。

 

その場合、被害を食い止めるためにも止水栓を閉めて、すぐに業者修理を依頼するのがベストです。

 

 

どうやって相談したらいいの?

トイレの水漏れ修理を行ってくれる業者に電話することになります。電話の際は状況や原因など、わかっていることをわかっているだけ伝えられれば問題ありません。

 

相手はトイレの水漏れの対応に慣れていますので、どういったことが必要か、いつ来てくれるかなどを教えてくれます。業者に頼る際は迷わず怖がらず、まずは電話をかけてみてください。

 

いろいろな業者がありますが、緊急性の高いトラブルには対応の早さも重要です。時間が経つほど水浸しになるのなら、それに比例して水道代も増えてきます。24時間365日電話対応してくれる業者もあり、弊社も24時間ご相談を受け付けていますので、まずは一度ご相談ください。

 

 

信頼できる業者を知ろう

トイレの水漏れで業者に依頼する際、起こりやすいのは金額についてのトラブルです。依頼する側は急いで、それこそパニック状態で電話をかけているかもしれません。そこで料金を聞かずに修理に来てもらい「緊急価格」として多額の料金を請求されることもあります。

 

そのため必要なのは料金見積もりを先に出してもらうこと。サイトに書いてあった、広告に書いてあった、という情報ではなく、必ず見積書として提出してもらいましょう。広告に3000円と書かれていても、出張費用や部品代が別途発生するということはよくある話です。

 

少なくとも見積り料が無料なところ、そして見積もりを出すための対応が誠実な業者を選びましょう。出張見積りをしてくれる場合もありますが、その際納得ができなかったらほかの業者と比較することを伝え、断ることは当然の権利です。

 

まとめ

トイレからの水漏れはとても深刻な問題になりえます。それゆえに焦らず慌てず、止水栓を止めて原因を特定することが必要です。自分で対処ができるものや、対策方法もありますので過度にパニックになる必要はありません。

 

また、自分ではどうにもできなくなった際は迷わず業者にご相談ください。きっとあなたに寄り添って解決のために動いてくれるでしょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム