最新情報・レポート

蛇口の水漏れは早急に対応を!損傷箇所の特定と適切な修理をしよう

蛇口の水漏れは早急に対応を!損傷箇所の特定と適切な修理をしよう

 

蛇口の水漏れ、困りますよね。大量に水漏れしているとどうしたいいかわからずあわててしまいますし、少しずつの水漏れも音や水道代などが気になってしまいます。

 

そこで、今回は蛇口から水漏れをしたときの対応方法を紹介します。緊急事態の対応や水漏れの原因で多いものは何か、自分で修理するときの方法やよくある失敗例などを見ていきましょう。

 

また、自分で修理するのが難しそうな場合は業者に依頼するのもひとつの手です。そうなったときの業者選びのポイントや、料金の相場も解説します。

 

気になる蛇口の水漏れを、早く快適に解消しましょう。

 

 

家庭の蛇口は主にこの2種類

  

水漏れの状態は、蛇口の種類によってちがってきます。家庭の蛇口で使われているのは主に次の2種類です。

 

シングルレバー混合水栓

築年数が新しい家や蛇口を新しく取り付けた家庭は、ほとんどがこの蛇口になっています。ひとつのレバーを上下左右に自由に動かすことができ、多くの場合は上下に動かすことで水量、左右に動かすと温度を調整できます。

 

シングルレバー混合水栓はいろいろなメーカーから販売されていますが、形状は同じでも使用されている部品はメーカーによってちがいます。

 

シングルレバー混合水栓の部品の中でも一番重要なのが「バルブカートリッジ」というものです。この部品によって、水量や温度を調整しています。家庭で水漏れが起こるときは、ほとんどの場合このバルブカートリッジの不調が原因です。そのため、修理の場合にはバルブカートリッジの交換が必須となります。

 

シングルレバー混合水栓での水漏れで多い箇所は、次のとおりです。

 

  • ・レバーの下
  • ・スパウトの周り
  • ・蛇口の下にある止水栓
  • ・蛇口の先端である吐水口

 

シングルレバー混合水栓の水漏れの原因は、主に老朽化です。そのため、水漏れの箇所によっては自分で対応できることもあります。対応方法は、のちほど詳しく紹介します。

 

 

ハンドル混合水栓

ハンドル混合水栓は、築年数の古い住宅に取りつけられている昔ながらの水栓です。冷水は青、温水は赤といったように、2つのハンドルがあります。この2つのハンドルによって、水量と水温を調整します。

 

ちょうどよい水を出すまでに手間がかかりますが、単純な構造であることから壊れにくく修理がしやすいというメリットもあります。水漏れ自体も大規模なものは少なく、軽いものが多いです。

 

ハンドル混合水栓には、バルブカートリッジのような部品は内蔵されていません。ですから、水漏れの原因のほとんどはハンドル部分に取り付けられているパッキンの劣化です。このパッキンを交換すれば、自分で修理することもできます。詳しい方法はのちほど紹介します。

 

とりあえず!蛇口が水漏れしたときの緊急処置

とりあえず!蛇口が水漏れしたときの緊急処置

 

蛇口が水漏れしたとき、とっさに完全な修理をほどこすことは難しいでしょう。そんなとき、とりあえずできる緊急措置は次のとおりです。

 

家全体の水を止める

一番簡単なのは、家全体の水を止めてしまうことです。

 

家全体の水を止めるには、元栓を閉めることになります。元栓は、各家庭の水道メーターのある場所にあります。集合住宅の場合は、玄関を出てすぐにある壁の中にあります。一戸建ての場合は、駐車場や庭に埋まっています。

 

元栓を閉めて水の勢い落ち着いたら、次の対応を考えましょう。

 

部分的に水を止める

緊急処置のもう1つの方法は、部分的に水を止めることです。蛇口の止水栓を締めてしまえば、部分的に水を止めることができます。

 

止水栓はシンクの下にあります。キッチンの場合は流し台下に収納スペースがありますが、その奥のあたりにあるのが止水栓です。止水栓を締める方法は種類により、自分の手だけでできるものとドライバーを使うものがあります。水を止めるときは、止水栓を時計回りに回しましょう。

 

また、蛇口の修理をする場合も必ず止水栓を締めてから作業を始めるようにしましょう。栓を開けたままで作業をすると、作業中に水があふれ出すことがあります。

 

全体的な止水と部分的な止水、どちらの場合においても、水漏れでぬれてしまった床をふいて乾燥させておくことも大切です。床に水がしみこむと、カビが生えたり床が腐ったりという二次被害を生んでしまう可能性があります。

 

蛇口のどこから水漏れしているかを確認しよう

蛇口の水漏れとひとことでいっても、発生する場所はいろいろあります。また、場所によって対応方法もちがいます。まずは、蛇口のどこから水漏れしているのか確認しましょう。

 

シングルレバー混合水栓の場合

 

◯レバーの下

最も多いのがレバーの下の水漏れです。水を出しているときに、本来水が出てこないはずのレバーの下から水漏れをするということです。シングルレバーは上下左右の動きが自由自在であるため、どうしてもレバーの下にスペースができやすくなっています。

 

先ほど紹介したシングルレバーの部品であるバルブカートリッジを交換すれば、水漏れを直すことができます。

 

◯スパウトまわり

スパウトとは、レバーの下にある蛇口の金具部分のことです。このスパウトの胴体部分の上下から、水漏れをすることがあります。ただし水を止めているときには水漏れは起こらず、水を出しているときにだけ水漏れが起こります。

 

この場合も、バルブカートリッジを交換することで解消することが多いです。しかし、スパウトと他の部品をつなぐパッキンが劣化している場合は、バルブカートリッジを交換しても水漏れが止まりません。その場合は、パッキンを交換することになります。

 

◯止水栓の接続部分

蛇口からではなく、下にある止水栓の接続部分からも水漏れすることがあります。この場合は普段見えないため、水漏れに気づきにくいです。そのため、シンクの下に水がたまってあふれてしまってから気づくことが多くなります。

 

この水漏れの原因のひとつとして、接続部分のナットのゆるみが考えられます。ナットは長く使っていると、振動などで自然にゆるんできてしまうのです。ナットが原因であれば、ナットを締め直せば水漏れが解消します。

 

もうひとつの原因は、パッキンの劣化です。止水栓の接続部分には、パッキンというゴム製の部品があります。このパッキンが経年劣化することによっても、水漏れが起こるのです。この場合、パッキンを交換すれば問題が解消します。

 

◯吐水口(蛇口の先端部分の水が出るところ)からの水漏れ

レバーを下げて水を止めているのに蛇口の先からポタポタと水が落ちる場合は、吐水口からの水漏れが考えられます。この場合も、バルブカートリッジの故障が原因であることが多いです。

 

ハンドル混合水栓の場合

 

◯蛇口の吐水口

シングルレバー混合水栓の場合と同じく、水と止めているのにポタポタと水が落ちる場合は、吐水口からの水漏れです。ただし、原因はシングルレバー混合水栓のときと異なりバルブカートリッジではありません。ハンドル混合水栓の場合、ハンドル下にあるパッキンやゴムが水漏れの原因です。

 

◯パイプの付け根

パイプと本体との接続部分から水漏れが起きることもあります。この場合は接続部分にあるパッキンが劣化しているか、ナットがゆるんでいることが原因です。パッキンは徐々に劣化していくため、水漏れも少しずつ起こります。

 

◯ハンドルの下

ハンドルの下から水漏れした場合は、ハンドル下のナット内部のパッキンに原因があります。ハンドルは頻繁に使うので、動きの繰り返しによってパッキンは消耗していきます。

 

◯蛇口の取り付け部分

蛇口の取り付け部分からの水漏れもあります。この場合は、取り付け部分のパッキンやねじに巻かれているシールが原因であることが多いです。

 

蛇口の水漏れで多い原因は「3つの損傷」

蛇口の水漏れで多い原因は「3つの損傷」

 

蛇口の水漏れにはさまざまな原因がありますが、中でも多いのは以下の「3つの損傷」です。

 

パッキンの損傷

先ほどの水漏れする場所の説明でも、「パッキン」が何度も出てきました。ハンドル部分などでは、中から水があふれないようにゴムパッキンが使われています。このゴムパッキンは、毎日使われているうちにゴムの弾性がなくなってしまいます。

 

弾性がなくなり固くなったパッキンは、蛇口とナットなどとの間にあるすきまを埋めることができなくなります。これが原因で水漏れが起きるのです。

 

ケレップの損傷

蛇口の中にある部品に「ケレップ」というものがあります。給水管から蛇口の中へ水が流入してしまうのをふさいでいるのが、このケレップです。

 

ハンドルを回すとケレップが持ち上がり、蛇口の中に水が入ります。このケレップにもゴムパッキンが使われており、この場合もパッキンが劣化によって固くなることでケレップのすき間から水漏れが起きます。

 

カートリッジの損傷

シングルレバー混合水栓の説明で何度も登場したバルブカートリッジですが、レバーハンドルの蛇口には、ケレップの代わりにこのバルブカートリッジが入っています。

 

バルブカートリッジに不具合が起こると、温度の調整ができなくなったり、水漏れが起きたりしてしまうのです。

 

自分で交換・修理する手順方法

ここまでは蛇口の水漏れについて、場所や原因などについて解説しました。では、いよいよ対応方法をご紹介していきたいと思います。

 

なお、交換や修理をするときには、必ず止水栓を締めて水を止めておきましょう。

 

はじめに、蛇口の部品の交換や修理をするときは水栓を一度分解する必要があります。水栓の分解方法は、蛇口の種類によってちがいます。

 

◯シングルレバー混合水栓の場合・・・まずレバーのすぐ下にある前面の小さなねじを外します。それからレバーハンドルを外し、スパウトのカバーを取り外します。

 

◯ハンドル混合水栓の場合・・・まず、ハンドルの上部中央にあるカラーキャップから外します。キャップの下にねじがあるので、ドライバーでねじをゆるめ、ハンドルを取り外しましょう。ハンドルを外すとナットがあるので、最後にナットを外します。

 

水栓が分解できたら、次にそれぞれの部品の交換や修理をおこないます。

 

パッキン

水栓が分解できたら、パッキンを交換します。そのあと、分解したときと逆の手順で復元をします。交換できたら、水漏れが直ったかどうか試してみましょう。

 

ケレップ

パッキンと同様に水栓を分解し、ケレップを交換します。

 

カートリッジ

シングルレバー混合水栓のバルブカートリッジも、修理ではなく交換することがよいでしょう。ただし、バルブカートリッジは水栓のメーカーによって種類がちがいます。

 

まずは蛇口の外側に書いてある型番をみてみましょう。型番がわかれば、中に入っているバルブカートリッジの型番も調べることができます。そして、メーカーから取り寄せる、ホームセンターで購入する、通販サイトで購入するなどの方法で入手します。

 

適切なバルブカートリッジを入手したら、以下のような手順で交換しましょう。まずはパッキンと同様に水栓を分解します。バルブカートリッジは固定されておらず、置いてあるだけの状態なので持ち上げるだけで取り外すことができます。

 

新しいバルブカートリッジを取り付けたら、蛇口を元通りにすれば交換が完了です。

 

自分で修理?業者に依頼?どっちにする?

今回は蛇口の水漏れが起きてしまったとき、自分で修理する方法を紹介しました。ですが最近は趣味でDIYをする人も増えているので、自分で直してみたいという人も多いかもしれません。

 

そもそも、どんな蛇口の水漏れなら自分で修理してみてもよいのでしょうか。反対に、業者に依頼したほうがよいのはどのような場合なのでしょうか。

 

判断基準

「自分で蛇口を修理してもよさそうだ」という判断基準は次のとおりです。

 

  • ・水の勢いが弱い
  • ・部品を取り外すことができる
  • ・修理箇所を取り外すことができそう
  • ・原因が確実にわかっている
  • ・自分で直せるという自信がある

 

水の勢いが強い場合は、水漏れ箇所以外のところでも破損などが起こっていることがあります。調査も兼ねて、一度業者に見てもらってはいかがでしょうか?

 

自分で修理した結果…よくある失敗例

先ほどの判断基準を参考に、自分で修理できる場合は修理してみてもよいでしょう。ただし、自分で修理すると失敗してしまうこともあるようです。以下によくある失敗例を7つあげておきます。

 

〇蛇口を分解して復元できなくなってしまう

蛇口の修理で一番よくあるのが、分解した蛇口を復元できなくなってしまうことです。蛇口の部品を交換するときには、まず水栓を分解しなければなりません。しかし、この水栓を復元できなくなってしまっては意味がないのです。

 

また、水漏れの原因がわからず調べようとして水栓を分解すると、組み立てがわからなくなることがあります。きちんと交換方法を調べてから作業しましょう。

 

〇部品を買い間違える

蛇口の修理や交換の際に多い失敗が、部品の買い間違えです。蛇口の部品には、まずワンホール、ツーホールという違いがあります。ツーホールでは穴と穴の距離などに種類があり、ワンホールでも穴のサイズを測る必要があります。

 

事前にメーカーのホームページで型番を調べるなどして、今の部品と同じものを買うようにしましょう。

 

〇ねじの頭がつぶれてしまう

蛇口だけでなくDIYでよくあるのが、ねじの頭がつぶれてしまうことです。蛇口の場合、メーカーが部品ごとに適切なねじを使っているため、代わりを探すのが大変になります。

 

ねじを締めるときは、ドライバーなどをしっかりと押し付けて締めるとつぶれにくくなります。

 

〇ナットを強く締めすぎてしまう

蛇口にはナットがよく使われています。交換や修理をするときに、水漏れが心配なあまりにナットを強く締めすぎてしまうことがあります。強く締めすぎてナットが1回転してしまうと、部品が割れたりナットが締まらなくなったりすることもあります。

 

水を流して水漏れを確認しながらナットを締めると、締めすぎを防ぐことができます。

 

〇キッチン台や洗面ボウルを割ってしまう

蛇口の部品を交換するとき、ねじを強く締め付けるとキッチン台や洗面ボウルなどが割れてしまうことがあります。とくにキッチン台や洗面ボウルを長く使っている場合には、少しの力でも簡単に壊れてしまうことがあるのです。

 

ひび割れ程度であれば自分で修理することもできますが、処置を誤ると新たな水漏れを生んでしまうおそれもあります。

 

〇部品を誤って捨ててしまう

自分で修理や交換をするときのよくあるのが、備え付けの部品を捨ててしまうということです。キッチンや洗面台の多くは、10年ほどでメーカーが部品の製造を終了してしまいます。部品を捨ててしまうと、代わりのものがなくなってしまうことがあるのです。

 

とくに止め具などの小さなパーツでも、捨ててしまうと新しい部品を取り付けることができなくなりますから注意しましょう。

 

〇止水栓を壊してしまう

これまでの解説の中で、蛇口の修理をするときはまず水を止めることを説明しました。止水栓を止め忘れて修理を始めてしまうと、水圧がかかって止水栓が壊れてしまうことがあります。必ず止水栓を締めてから作業しましょう。

 

蛇口の水漏れ修理を業者に頼む費用相場

「蛇口を自分で修理するのは難しそう」という場合は、業者に修理を依頼してみてはいかがでしょうか?ですが業者に頼む場合、費用が気になりますよね。

 

水漏れは引越しなどと違って急を要しているので、いちいち見積りを取るような暇がないことも多いでしょう。料金について知らずに損をしないためにも、ここでは費用の相場を紹介します。

 

蛇口の修理料金の際は主に出張料金、技術料金、部品代が発生しますから、それぞれの相場を見てきましょう。なお、これらの料金にはさらに消費税がかかります。

 

出張料金は、業者に修理の場所まで来てもらうための料金です。こちらの相場は約2,000円となっています。時間帯によっては、夜間料金や早朝料金がかかる場合もあります。

 

次に技術料金ですが、これは業者がおこなう作業にかかる料金です。交換対象となる部品の個数などにもよるものの、蛇口本体の交換は4,500円程度といったところです。もちろん、交換する部品が多くなればさらに料金は上がります。

 

部品料金は部品や蛇口本体の料金で、メーカー修理の場合は基本的には定価で請求されます。ただし、水道工事店だと値引きしてもらえる場合もあるようです。部品の料金は、もっとも交換する機会の多いバルブカートリッジは約6,000円、パッキンは約100円です。

 

これらを総合すると軽い水漏れ程度なら相場で8,000円~10,000円程度、水浸しになるようなひどい水漏れは相場で10,000円~30,000円以上になると考えられます。ただし、蛇口の修理料金は、蛇口の種類によっても違ってきます。

 

また、部品交換は一部でよいのか、あるいは蛇口全体を交換しなければよいのかなど、状況によってもさまざまです。

 

業者からしっかりと説明を受けるためにも、事前に水漏れの箇所をチェックするなどして修理にのぞみましょう。契約前に見積り内容を確認することも大切です。

 

水漏れの場合はどうしても急いでしまいますが、やはり可能であれば複数の業者から見積りをとることをおすすめします。

 

信頼できる業者の選び方

水漏れの際にも複数業者に見積りをとることをおすすめしましたが、数ある業者の中からどの業者に問い合わせをしたらよいのでしょうか?ここからは信頼できる業者選びのポイントを見ていきましょう。

 

1つ目は、水漏れ修理の実績です。やはり実績があり、経験豊富な業者は信頼できます。実績を確認するには、ホームページなどで創業年を調べるとよいでしょう。また、自由に設立できる個人の業者よりも、国から認められた法人の形をとっている業者のほうが信頼性が高いと考えられます。

 

2つ目は、対応のスピードです。水漏れ修理にはスピードが欠かせません。まずは依頼してから到着までにかかる最短時間を確認しましょう。また、問い合わせたときにしっかり時間を答えることができるかどうかも重要です。

 

しっかり目安の時間を答えてくれて、担当者が1時間以内に到着できそうであれば安心です。

 

3つ目は、態度やマナーです。これは実際に修理に来てからしかわかりませんが、口コミなどであらかじめ確認するとよいでしょう。

 

これらのポイントは、電話の対応からもある程度はわかるかもしれません。到着してからのあいさつや受け答えはもちろん、水漏れの原因などをていねいにわかりやすく説明してくれる業者は信頼できます。

 

また、最初にどんな作業をして料金がどれぐらいかかるかという説明があることも重要です。専門的な知識やしっかりとしたスキルがあれば、自信をもって説明することができるでしょう。

 

まとめ

蛇口の水漏れについて、原因や対応方法などを紹介してきました。

 

水漏れが起きたらまずは水を止めて、不具合箇所を確認してください。それから自分で修理ができそうなら、起こりやすい失敗例を参考にして注意しながら修理しましょう。

 

ただし、水漏れの対応はひとつでも間違えるとさらに大きな被害を生んでしまいます。できないことは無理をせず、業者に相談したほうが安全であるといえます。業者を選ぶときには、ポイントをおさえて信頼できる業者を選びましょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム