最新情報・レポート

トイレのタンクを修理したい!故障の原因と修理方法を徹底解説!

トイレのタンクを修理したい!故障の原因と修理方法を徹底解説!

 

トイレを流したあと、「あれれ?タンクの水が止まらない!」「水があふれてきた!床が水浸し……」こんなときって、パニックになりますよね。そんな経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

トイレのどこかが故障しているのだと思うけど、何をどうしたらよいのかわからないですよね。トイレが水浸しになると、ご近所の住民に迷惑をかけてしまうかもしれません。

 

このような場合、自分でトイレを修理することは可能でしょうか。また、業者に修理を頼む場合はどのような点に気をつけて業者を選べばよいのでしょうか。

 

このような経験のない方も、万が一のときに役立つ情報をみていってください。

 

 

 

 

症状から原因を探ろう

私たちの生活に必要不可欠なトイレ。いつも当たり前に使っているけれど、緊急事態が発生することがあります。水洗トイレの水漏れトラブルは、症状から故障の原因を予測することができます。

 

トイレの床が水浸しになっている

トイレの床が水浸しになっている場合、水がたまっているタンクの外でトラブルが起きている可能性があります。たとえば、水道から水をトイレタンクに運ぶ給水管の連結部に異常が発生してしまった場合です。

 

多くの場合、年月の経過による連結部分にあるパッキンの劣化やボルトナットの緩みが原因で水が漏れるのです。トイレの部品は寿命が約10年だといわれています。パッキンなどの消耗部品をチェックしてみてくださいね。

 

トイレの水が止まらない

どんどん便器に水が流れている場合、レバーを回したときに引っ張られるゴムフロートがうまく作動しなかった可能性があります。ゴムフロートとは、トイレタンクの中にある水を便器のほうへ流れないように止めている部品の名前です。

 

このゴムフロートが開くことによりタンクの中の水が便器へと流れます。ゴムフロートが閉じて便器のほうに水が流れないように止めているのです。まずは、トイレの水が正しく流れる仕組みをご紹介します。

 

水を流すレバーを引くとチェーンが引っ張られ、チェーンとつながっているゴムフロートの栓が引っ張られます。すると、ゴムフロートが開き便器に水が流れます。

 

そして、水が流れ終わるとゴムフロートが閉じて栓が閉まるのです。その後、タンク内に水がたまると浮きが浮き上がり、給水管からタンクへの給水が止まる仕組みです。(レバーはボタン操作で動く場合もあります)

 

ところが、便器に少しずつ水が流れている場合にはゴムフロートが劣化してひびが入っていることが原因として考えられます。ゴムフロートの寿命は10年くらいですので、触ってみて黒い汚れが付くようでしたらそろそろ寿命です。

 

交換するゴムフロートは、かならず型式の合うものを購入します。給水管を止水してから取扱説明書を参考にしながら作業をおこなってください。中の部品をいろいろ外したり付けたりするので、紛失しないように気をつけましょう。

 

症状別の対処法

症状別の対処法

 

トイレタンク内の仕組みは簡単なようで複雑に感じるかもしれません。ここは落ち着いてよく観察し、どの部分に不具合が起きているのかを見極めて対策を考えていきましょう。

 

床が水浸しになっていたらナットが緩んでいないか確認しよう

じわじわとどこかから水が漏れてトイレの床が水浸し。そのような場合は、壁から出ている水道管やタンクへの給水管、ウォシュレットへの給水管のナットが緩んでいないか確認しましょう。

 

給水管は金属なので丈夫だと思うかもしれません。しかし、固定しているナットが年月とともに緩んだり、パッキンが古いと固くなってヒビ割れたりすることがあります。そして、水を制御している部分が壊れてしまうのです。

 

水が止まらないときはゴムフロートや鎖が他の部品に引っかかっていないか確認しよう

給水管からタンクへの給水が止まらず、タンクから便器のほうに水が流れ続けている場合には、ゴムフロートがうまく動作していない可能性があります。

 

ゴムフロートが鎖や他の部品に引っかかっていると、タンクへの給水が止まりません。タンクへの給水が止まらないと、タンクから水があふれます。

 

すると、オーバーフロー管から便器へ水が流れるような仕様になっています。落ち着いて、止水栓を閉めてからタンク内部で鎖が絡まっていないかを確認しましょう。

 

ゴミや水垢がくっついて正しい動作の妨げになっていないか確認しよう

トイレのなかには、タンクの上に手洗い場がついているものもありますよね。手洗い場部分の排水口にゴミを流してしまったり、長年の使用によってトイレタンク内に水垢がたまったりすると、水洗トイレの正しい動作がおこなわれないことがあります。

 

水が止まらないなど、動作に異常がある場合はタンクを開けてみてください。そして、タンク内のチェーンやレバーなどにゴミが絡まっていないか確認してみましょう。ゴミや水垢がくっついているなら掃除します。掃除して正しい動作が元通りおこなわれるようになれば、修復完了です。

 

トイレタンク上部の蛇口から水が出ない場合は、ダイヤフラムを確認しよう

トイレの水を流したあと、本来はトイレタンクの蓋の下から蛇口のほうに水が流れるようになっています。トイレタンク上部の蛇口から水が出ないときは、ダイヤフラムという部分が原因かもしれません。

 

まずはトイレの止水栓を閉めてください。そして蓋を開けてみましょう。すると、ナット、浮き、ボールタップを接続している部分があり、そこをダイヤフラムと呼びます。

 

止水栓を閉めてから作業をしないとトイレが水浸しになるので注意しましょう。また、ダイヤフラムには向きがありますのでご注意ください。詳しくはトイレタンクの取扱説明書をご確認ください。

 

トイレのトラブル発生!自分でできる対策は?

トイレのトラブルが発生したときに、まず自分ですることはなんでしょうか。自分でもできる、簡単な対策例をご紹介いたします。

 

焦らずに止水栓を閉める

まずは止水栓を閉めましょう。止水栓はトイレ壁から給水管がでていて、給水管がトイレとつながる手前の部分にあります。マイナスドライバーまたは手動で止水栓を右に回して、トイレへの給水をストップさせましょう。

 

止水栓を閉めずにトイレタンクの蓋を開けると、蛇口部分を外すと水が噴き出すことがありますので気をつけてください。止水栓がどこかわからない場合は、マンションなら電気メーター、一戸建てなら家の周りの路面に水道の元栓があります。元栓を閉めるとトイレ以外の水も止まってしまうので注意が必要です。

 

どこから水漏れしているのか確認する

床が水浸しであるにしても、水道の給水管から水漏れしているのか、もしくは便器がひび割れて水漏れしているのか、場所の確認が必要です。ここまでご紹介したように、水漏れの場所で故障している場所の予想ができるのです。

 

止水栓を止めたうえで、どの部分の不具合が原因だったのか確認します。止水栓のナットが緩んでいたり、逆に長年触っていなくて動かなかったりする場合もあるのでチェックしましょう。

 

不安な場合は無理せず業者に依頼する

トイレの便器はたくさん種類があって、同じメーカーでも部品の型式が違います。間違って部品を取り付けると水漏れや故障の原因になりかねません。

 

けれども、正しい部品を自分で探せるか不安ですよね。そんな場合は、無理せず業者に相談することをおすすめします。賃貸住宅の場合は、大家さんまたは管理会社に相談してみましょう。

 

トイレのタンクの修理は業者に依頼したほうがよい!

トイレのタンクの修理は業者に依頼したほうがよい!

 

トイレのタンクの修理をする場合、簡単な部品交換ならば自分でやってみるのも節約できてよいかもしれません。しかし、部品を取り寄せる手間暇や細かい作業をする時間がかかり、事態を悪化させるリスクもあります。

 

DIYなどが得意で慣れているならよいのですが、知識がない場合は業者に依頼するほうが安心です。また、トイレの構造や修理方法などがわからないのに部品を買っても修理できなかったり、部品を間違えたりする可能性があります。そうなるくらいなら最初から業者に代金を支払って、作業をしてもらうのはいかがでしょうか。

 

集合住宅の場合、水漏れのトラブルが起きると住民の方たちにご迷惑をかけてしまうおそれもあります。パッキン交換なら4,000円くらいでできるので、出張費が高くないならば業者に任せるほうがよいですよね。

 

それに、賃貸住宅の場合なら大家さんまたは管理会社に相談すると費用を負担してもらえることがあります。賃貸住宅の場合、消耗部品の劣化による故障修理や部品交換が必要になったならば、居住者の負担になります。

 

しかし、共用部分の故障による修繕の場合は、賃貸住宅の所有者が管理費を使って修理してくれるのです。

 

業者に依頼して不具合が起きている部分が特定できれば、個人で余計な出費をしなくてよくなります。できれば、まず大家さんや管理会社に確認を取ってから水漏れ修理の業者に依頼しましょう。

 

見積りは3社以上依頼しよう

水道業者によって得意ジャンルや修理価格の設定が違います。まずはお住まいの地域3社で見積りを依頼してみましょう。そうすることで、地域の相場が見えてきます。依頼する業者は、ただ安ければよいのではありません。

 

依頼をしてからどれくらいの時間で訪問してくれるのか、そして、部品の在庫を持っていて、すぐに修理が可能かも重要な確認ポイントとなります。まずはインターネットで無料の業者に見積りの依頼をしてみましょう。

 

深夜や早朝の依頼は価格が高くなるので注意!

「見積り無料」と書いてあっても、とくに記載のない場合は、見積りが無料なだけで、出張費や早朝料金・深夜料金がかかることがあります。床下など調査をしてみないと原因がわからない場合は「水漏れ調査」をする必要があり、さらに「水漏れ調査」費用がかかることもあるようです。

 

本当に緊急事態ならしかたないのですが、「夜間・早朝料金」の値段はだいたい3,000円から1万円くらいかかることが多いです。とりあえず止水栓を閉めて様子をみることができるならば、後日昼間に依頼したほうが安くなります。

 

ただ、緊急性があるときは24時間出張修理をおこなっている業者に依頼するしかないかもしれません。状況により、急ぐ必要があるかを業者に相談してみるのがよいでしょう。

 

まとめ

この記事では、トイレタンクや排水管の水漏れが起きたとき、その原因は何だったのだろうか。そして、トイレタンクや排水管の水漏れ修理は自分で修理することが可能なのかみてきました。

 

トイレタンクの構造はシンプルですが、消耗部品の経年による劣化はわかりにくい面もあります。水漏れが起きたときはだれでもパニックになってしまいますし、修理方法もわからず困ることが多いはずです。落ち着いて、水漏れの原因を把握することがポイントとなるでしょう。

 

自分で部品を取り寄せれば安く修理することもできますが、知識がないと余計なトラブルを起こすことになります。「よくわからないし、部品もたくさんあってちょっと難しいな……」と思ったら無理せずに業者に相談・見積りを依頼して、安全に修理をしてください。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム