最新情報・レポート

水道のパッキンを交換する方法!水漏れ箇所に合わせた対策法まとめ

水道のパッキンを交換する方法!水漏れ箇所に合わせた対策法まとめ

水道の蛇口から水漏れしているとき、パッキンを交換すれば直るという話を聞いたことはありませんか。たしかに蛇口の水漏れの多くは、水道のパッキンを交換すれば直る場合が多いのです。しかし、水道用にパッキンはさまざまな種類があるため、どれを使えばよいのか迷うことがあるかもしれません。

そこで今回は、水漏れの症状に合わせたパッキンの種類の選び方・交換方法をご紹介します。あらかじめ知っておくと、スムーズに交換ができるでしょう。

パッキンの交換で直る水漏れ症状

パッキンとはゴム製の輪の形をした部品です。ハンドルや接続部分のすき間をふさいで、しっかりと閉めるために取り付けます。

水漏れの原因のほとんどは、パッキンが劣化していることが原因です。水道のパッキンの耐用年数は約10年といわれており、定期的な交換を必要とします。ここでは、水道のパッキンを交換すれば直るかもしれない水漏れ症状をご紹介します。

症状1.ハンドルの根元からの水漏れ

ハンドルの根元から水が漏れる場合は、三角パッキンの劣化が考えられます。三角パッキンを交換すれば、水漏れが直るかもしれません。

三角パッキンは名前に三角とありますが、実際は上から見ると円形、横から見ると台形の形をしています。ホームセンターで購入するときは見た目で探すのではなく、部品名をパッケージで見て探した方がよいでしょう。

症状2.パイプの根元からの水漏れ

水栓パイプの根元から水が漏れている場合、蛇口とパイプの根元を接続するUパッキンが劣化しているおそれがあります。上から見ると円形、断面がUの形をしているのが、Uパッキンです。Uパッキンは、蛇口とパイプの接続部分に取り付けられています。

ハンドルと同様にパイプもよく動かす部分ですので、パッキンが劣化しやすい場所でもあります。Uパッキンを交換すると、パイプ根元の水漏れを解消できるでしょう。

症状3.パイプの先からの水漏れ

ハンドルとパイプの間には、コマパッキンという部品が取り付けられています。その名のとおり、軸とおもりがついたおもちゃのコマのような形です。コマパッキンはコマが回るように、回転しながらパイプの先におりてフタをする役割があります。

水漏れの原因で最も多いものは、コマパッキンの劣化によるものです。劣化したコマパッキンを交換すると、パイプの先の水漏れが直せるかもしれません。

パッキンの交換では直らない水漏れ症状

パッキンの交換では直らない水漏れ症状

蛇口の水漏れのほとんどは、パッキンを交換すれば、解消できることが多いです。しかし水漏れの症状によっては、パッキンを交換しても直らないことがあります。ここでは水漏れの原因がパッキン以外の場合の症状をご紹介します。

症状1.蛇口を閉めても水漏れしている

シングルレバー混合栓のハンドルを閉めても蛇口から水が落ちてくる場合は、バルブカートリッジの劣化が考えられます。バルブカートリッジは、レバーを上げるとお湯や水が出て、レバーを下げると止まる、左右に動かすことでお湯と水を切り替えるはたらきがあります。

症状2.水栓と壁の接続部分から水漏れしている

水栓と壁に埋め込まれている壁付きタイプ水栓から水漏れがする場合は、接続部分に巻いてあるシールテープが劣化していることが考えられます。シールテープを巻き直して、隙間がなくなれば改善されるかもしれません。

パッキンの寿命は大体5~10年

水道のパッキンの耐用年数は約5~10年間です。もしパッキンを交換してから1、2年で水漏れが発生した場合は、パッキンの劣化が原因ではないかもしれません。

パッキンの劣化でもなく、先に挙げた症状に当てはまらない場合は、水道自体の劣化や故障が考えられます。水漏れの原因が分からない場合は、業者に相談することをおすすめします。

水道のパッキンを自分で交換する方法

ここでは、具体的に水道のパッキンを交換する方法をご紹介していきます。水道は複数のパーツで構成されているため、分解は注意しておこなわなければなりません。そのためパッキンの交換は、準備するものやパッキンの種類をあらかじめ知っておくことが大切です。

どの種類のパッキンを交換する場合でも、水が出てこないように、水道の止水栓は必ず閉めてから作業をおこなってください。

準備するもの

水道のパッキン交換は、モンキーレンチやウォーターポンププライヤー、ピンセットを準備して作業をします。モンキーレンチや水道管修理によく使われるウォーターポンププライヤーがあると、水道管をつないでいるボルトやナットの開け閉めが楽におこなえます。

また、パッキンは小さな部品ですので、取り出しやすいようにピンセットを使うとよいでしょう。パッキンをはじめ、準備すべき道具はすべてホームセンターで販売していますので、ご自宅にない場合は購入してそろえておくことをおすすめします。

三角パッキンの交換方法

1.パッキンを交換する前に止水栓を閉めて、水が作業中に出てこないようにしましょう。

2. ウォーターポンププライヤーで蛇口のナットを取り外します。

3.ハンドルを留めているネジ・カラービスをゆるめて、ハンドルを取り外します。カラービスは水色のものがほとんどです。

4.古い三角パッキンを外して、新しいものと取り替えます。

5.分解したナットやカラービスを元どおりに締めて、ハンドルを取り付けたら完了です。

Uパッキンの交換方法

1.パッキンを交換する前に止水栓を閉めて、水が作業中に出てこないようにしましょう。

2. 蛇口とパイプの接続部分を留めているナットをゆるめて取り外します。

3.古いUパッキンを外して、新しいものと取り替えます。

4.分解したナットやネジを元どおりに締めて、ハンドルを取り付けたら完了です。

コマパッキンの交換方法

コマパッキンは三角パッキンの真下に取り付けられているため、交換方法は三角パッキンと同様の手順でおこないます。コマパッキンは小さいので、細かい作業ができるピンセットがあると便利です。

賃貸の水漏れ修理費用は大家さんが負担することも!

賃貸の水漏れ修理費用は大家さんが負担することも!

賃貸物件にお住まいで蛇口からポタポタと落ちるような水漏れの原因が、パッキンの劣化であれば水漏れ修理費用は大家さんや管理会社の負担になる場合があります。管理者側は、室内設備を整備したうえで貸さなければいけないためです。

ご自身で水道のパッキンを交換する前に一度賃貸契約書の確認、または管理者に相談をしましょう。どちらが負担するのかについては、ほとんどの場合賃貸契約書に書かれていることが多いようです。しかし、無理な使い方をして蛇口を破損させた場合は自己負担になることもあります。

まとめ

今回は、水道のパッキンを交換する方法をご紹介しました。パッキンの劣化などが原因であれば交換をすれば直せることもありますが、バルブカートリッジなどが水漏れの原因である場合は、修理がむずかしいでしょう。

水道に取り付けられているパッキンは、三角パッキンやUパッキン、コマパッキンがあります。ご自身で交換をするときは、パッキンの種類を間違えないようにおこないましょう。

複数のパーツで構成されている水道の修理は、ご自身でおこなうのはむずかしい方もいらっしゃるかもしれません。ご自身での交換がむずかしい場合は、業者に依頼することおすすめします。水漏れの原因がパッキンの劣化であるのか判別しがたい場合も、業者に一度相談するとよいでしょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム